お茶でダイエット成功・ダイエットティーのメリット

ダイエットで辛いのが、食事制限です。お腹が空いてしまうと、普段よりも食べ物が美味しく感じられてしまい、ついつい食べ過ぎてしまいます。
そういう時には、ダイエットティーを使って辛くないダイエットをしてあげると良いです。
ダイエットティーで人気があるのは、プーアル茶です。昔からあるお茶で、カテキンがたっぷり含まれているので痩せやすい体作りに役立ちます。
プーアル茶をダイエット目的で飲むならば、飲むタイミングに気をつけてあげると良いです。脂肪の吸収を抑えたいならば食事中か食後がベストです。また、運動前の水分補給に飲むことで、脂肪燃焼効果が上がります。
プーアル茶がダイエットティーとして人気がある理由は、脂肪を吸収されにくくするからです。なので、特に脂っこい食事を好む人に向いているお茶です。
プーアル茶の元は緑茶の茶葉を使っていて、それを長期間かけて発酵させるのでダイエット効果が一層高まっています。発酵期間は約半年〜数年かけて作られます。
特徴として、重合カテキンとリパーゼ(酵素)がたくさん含まれています。
酵素ダイエットのために酵素ドリンクやサプリメントを摂取する人もいますが、プーアル茶でも酵素をとることが可能です。
重合カテキンがダイエットに効く理由は、悪玉菌の活性酸素を除去する作用などがあるからです。簡単に言えば、カテキンがパワーアップしたような成分です。カテキンには悪い活性酸素を除去してアンエイジングさせてくれる働きもあります。
カテキンにも脂肪を排出させる作用がありますが、重合カテキンのほうがカテキンよりも脂肪吸収抑制や体内に脂肪を排出させる作用が大きいと言われています。脂肪を分解するほかにも、脂肪の元になる糖分の吸収をゆるやかにしてくれる働きがあるので、糖質制限したい人にもおすすめです。
中性脂肪(贅肉)や脂肪、内臓脂肪も減少させてくれる効果があるので、メタボリックシンドロームが気になり始めた40代〜50代の年代の人にはぜひとも飲みたいお茶です。
また、産後でも飲める優しいお茶なので、産後太りにも使えます。妊娠中もほぼ問題なく飲めますが、心配のある人は医師に相談して飲んで良いかどうか判断しましょう。
緑茶にはカフェインが入っていますが、プーアル茶も同様にカフェインが含まれています。なので、体に不安のある人は気をつけて摂取しましょう。
プーアル茶を飲む時の注意点として、出だしのお茶はカビ臭さが感じられることがあります。なので、1回目に出したものは捨てて、2回目以降のものを飲むと良いです。ただし、これは本場中国の話で、日本で販売されているプーアル茶はこういった処理をしなくても臭いが気にならないように加工されています。
食事制限で一時的に痩せたとしても、我慢できなくなって元のように食べてしまっては、結局失敗してしまいます。摂取するカロリーに比べれば、運動などで消費するカロリーは微々たるものだからです。しかし、お茶を飲んで脂肪を排出しやすい体を作っておけば、基礎代謝量がアップして、何もしないでも消費されるカロリーが増えます。
痩せるためには、この基礎代謝量をいかにして高めていくかがポイントです。
リバウンドを繰り返していると、脂肪ではなく筋肉が落ちていきます。体重減少に成功しても、それは筋肉が落ちたのであって、脂肪が落ちているとは限らないのです。そして、我慢できなくなって食べてリバウンドすると、筋肉ではなく脂肪が優先的に身につきます。
なるべく失敗の回数を減らすには、太るメカニズムを知って、どのように対処すれば良いかを考えておくことです。ダイエットティーで痩せるためには、体だけではなく頭も使いましょう。